メニュー

代表挨拶 | 法友全期会|若手弁護士の「部」を越えた連合体

団体情報ORGANIZATION INFORMATION


代表顔写真

 令和3年度(2021年度)東京弁護士会法友全期会の代表幹事を務めます大塚和紀と申します。

 法友全期会は東京弁護士会に所属する弁護士の最大会派である法友会の会内組織であり、弁護士登録15年目までの若手弁護士で構成される団体で、現在およそ1500名の弁護士が所属しております。

 法友全期会は、これまで各種研究会や業務研修会、懇親会など、弁護士である会員の皆様のための対内的な諸活動とともに、法律相談や書籍の出版など、市民の皆様のための対外的な諸活動を精力的に行って参りました。

 今年度は新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、従来の活動方法の見直しが必要不可欠な状況ではありますが、WEB会議システム等の非接触型ツールを活用した研修や法律相談など様々な面で知恵を絞り、引き続き会員や市民の皆様のための活動を継続しつつ、さらに、新たな法律問題に関する情報を提供し、広く若手弁護士の意見を集約して積極的に情報発信をしていく所存です。

 これまで以上に会員の皆様の業務に役に立つコンテンツを提供し、司法が市民の皆様にとってより身近な存在となるよう、そして何よりも法友全期会を人が集まる魅力的な会にすべく全力を尽くして参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 代表幹事 大 塚 和 紀